Bigダクト

DVC00200

工事が大詰めに入っております!

今日は厨房にダクトが付きました。ドアノブも、飾り棚の金具も、外壁のモルタルも…次々と。

いよいよですね!

今まで気に留めていなかった細部も、実際出来上がってきて目に見える状態になると「ああこうなるんだー」とか「ちょっと違うサイズの方がいいのかな」といったようなことも出てきて、予想外でちょっと焦りました。

というのも、今朝気づいたら「こんな大きいのはちょっと初めて見た!」というくらい大きなダクトが換気扇の上にどーんと付いており、厨房設備の熱量などからの計算上ではそのサイズのダクトでないとダメかもしれないとのこと。

実際の作業や動作を想定してダクトの下に立ってみると、ちょうど頭がぶつかってしまう位置にダクトのへりがある状態で、しかもどうやらこれだと熱気に包まれる体勢になりそうだ、ということで、うーん…

ただでさえどの業者さんも佳境に入って立て込んでいる状態で、この大きなダクトを作り直してもらって、とりつけ直すのはかなり大変なようでした。

しかしそこはかなり大事なとこでもあるし、改善できるのであれば直しの方向でお願いしたいとお話しして、結局、なんとか修正出来るように調整してもらうことができ、ちょっと安心!

作業棚とその上に取り付ける吊り戸棚の位置関係なんかは、いろいろ計って慎重に高さを決定していたのですが、ダクトでこういうこともあるとはー。いやはや盲点でした。

DVC00196

ところで写真はトイレのドアノブです!アンティークのガラスのドアノブを使うことは、密かに長年の夢でもあったので、これがドアに付いているのを見て、ちょっと感無量。鍵も付いて、実際に使えるようになるのがものすごく楽しみです!

DVC00193

これはディスプレイ用のワイン棚です。イメージは、パリのビストロ「ラシーヌ」のイメージです!かっこいいなあ。右側の鉄柱は、荷重のかかっていない飾りの柱です。ワインのラベルだとかポスターなんかをべたべたと貼っていきたいと思います!

Posted on 3月 9th, 2011