設計士さん

カウンター部分

今日は現場で電源や照明の打ち合わせに行ってきました。

もうエアコンも入って、カウンターの位置などもだいぶ分かるような状況になってきていて、おおぉーいよいよだね!という感じです。

夫は相当暑さに弱いので、いつか店をやった時は絶対厨房のエアコンは涼しい設計にしたい!という長年の夢があったため、このエアコンがこれから毎年大活躍してくれることを祈ってます。

 エアコンのダクト

照明は、客席は白熱色が主体だけど厨房が蛍光色だと浮いてしまわないか、とか、カウンター席ならどの辺に灯りが必要か、とか、結構「やってみないとちょっとわかんないなー…」ということがたくさんあって悩みます。

でも設計のTさんが色々アドバイスをくれるのでだいぶ助かっています。

Tさんもアンティーク好きだそうで、ドアノブや照明器具の購入にとおすすめサイトをあれこれ紹介してくれます。

そのほかのことでも、工事が始まってみると水道やら、当初予想していなかった問題がちょこちょこ出てくるのですが、この設計会社さんの対応はとても親身だし細やかでお世話になってる実感があって「やっぱりここを選んでよかったね」と思ってます。

 

施工のほうも、だんだん出来上がってくる段階を見ていると、建物って本当に人の手で1つ1つ作られているんだなあという実感があります。

普段建物を見ても大工さんを見てもあんまり感じたことがなかったことですが、家を作るってすごいな、となんだかつくづく感じます。

いつも寒い中がんばってくれてるKさんたちにも大感謝です。

Posted on 2月 10th, 2011